MainIMG イソフラボン

イソフラボンの過剰摂取に関して

イソフラボンの過剰摂取に関して

イソフラボンとは、大豆の芽である胚軸いとくに多く含まれている植物性のポリフェノールの一種です。
イソフラボンは体内でエストロゲン、つまり女性ホルモンと同じような働きをすることがわかったため、その効能が大変注目されている物質です。
この物質を摂取すれば女性ホルモンと同じように働いて、コレステロール値の上昇を抑えたり、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、動脈硬化や骨粗しょう症の予防や改善に効果があると言われいます。
さらに更年期障害の緩和やうつの改善にも役立つとされています。
そこで積極的に摂取する人が増えているわけですが、日本の食品安全委員会は、大豆イソフラボンの過剰摂取が癌を引き起こす、過剰摂取によりホルモンバランスが崩れたり、胃腸の調子が悪くなるなどの現象が起こる可能性があるという趣旨の発表を行っており、こちらもまた注目されています。
女性ホルモンと同様の働きをするわけですから体の役にたつことは間違いないわけですが、なんでも過ぎたるは及ばざるが如しというように、過剰摂取は避け、体に効くような摂取方法を心がけていく必要があるわけで、適正な量の継続的な摂取こそが健康的な生活を送るための大きなポイントとなってきます。
イソフラボン摂取にリスクはあるのか気になる方も多いようですが、摂取しすぎなければ問題ありません。


一般的な1日あたりの摂取量の目安としては、大豆イソフラボンアグリコンとして70~75mg、特定保健用食品として通常食品に上乗せして摂取する場合は30mgを安全な摂取量の上限値として設定しています。
ただこれいついては評価がわかれるところでもあるようで、豆腐や豆乳、納豆などの良く食べる食品にも含まれているわけですし、特に問題となるような副作用が報告されているわけではないようです。
とはいえ、適正な量を摂取することが一番安心ですのでこの目安を目標にされることがよいと思われます。
たとえば豆腐でいえばだいたい半丁程度、納豆なら1パック、豆乳であれば約1杯分程度がこの枠におさまる量といえます。
ただし、15歳未満のお子様や、妊娠中、授乳中の方に関しては普段の食事に上乗せして特定保健用食品やサプリメントなどで過剰摂取するのは推奨できないとされています。
したがってこうした対象の方は普通の食事で適量を摂取するように心がけられる事が必要でしょう。
また大豆アレルギーのある方も摂取は控えられるのがよろしいでしょう。
イソフラボンの効果・効能のあるものであることは証明されていますので、適正量をまもって摂取することで、いつまでも元気で若々しく暮らしていけるようになれば何よりです。