MainIMG イソフラボン

イソフラボンは摂取量に気をつけましょう

イソフラボンは摂取量に気をつけましょう

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをするので、注目されている成分でもあります。
女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするので、いつまでも美しい女性で居続けることができるのです。
この成分を摂取すると、どんな効果があるのでしょうか。
それは、肌の新陳代謝を促進するので、張りのある肌お保つことができます。
美しい髪や育毛効果があります。
妊娠しやすい身体になります。不妊症の解消にもつながります。
  女性らしい身体をつくります。
コレステロールの増加を抑えるので、動脈硬化を防ぎます。
  骨が丈夫になるので、骨粗鬆症の予防になります。
女性にとっては、イソフラボンの摂取は、健康面でも美容面でも嬉しい効果がいろいろとあります。
  この成分は、大豆を使った食品に含まれています。
サプリメントとして製品化されていますが、サプリメントで摂取をした場合、1日あたり、摂取量については30mgまでとされています。
  妊娠中や授乳中、乳幼児、小児は摂取してはいけません。
イソフラボンは、食事からも十分に摂取することができるので、安全面から、健康食品として摂取した場合は、摂取量は30mgまでと定められているのです。
サプリメントの場合、食事からの摂取と違い、過剰摂取に気をつけなければなりません。
イソフラボンの過剰摂取による副作用はあるのでしょうか?


この摂取量が定められたのには、食事からも摂取されることに基づき、安全面から30mgと定められたのです。
  普段の食事で摂取される量ですが、1日の食事で40~50mgが目標です。
豆腐ならば、1/2丁、納豆ならば1パック、煮豆ならば80gです。
過剰に摂取するとどんな悪影響があるのでしょうか。
摂取量は、1日に40~50mgが理想なのですが、多めに摂取したとしても体外に排出されます。
  気をつけなければならないのがサプリメントでの摂取でしょう。
妊娠中や生理中はエストロゲンの分泌量が通常よりも多くなっているので、サプリメントでの摂取は控えた方がよいのです。
日本人は、食事の欧米化により、イソフラボンが不足気味なので、できれば食事から取るように心がけましょう。
大豆製品と一緒にカルシウムを摂取すれば、カルシウムが骨に吸収されやすくなります。
他にも青魚やきのこや海藻類と一緒に取ることで、血液中の悪玉コレステロールと中性脂肪を減らす効果があります。
  また肉や魚、卵などのたんぱく質を一緒にとれば、コラーゲン生成を助けるので美肌効果が期待できます。
食事で積極的に大豆製品を摂り、バランスのよい食事を心がけることで、いつまでも若々しく健康的な身体になることが出来るのです。