MainIMG イソフラボン

イソフラボンの摂取量は目安が公表されています

イソフラボンの摂取量は目安が公表されています

女性ホルモンと似た働きがあると言われているイソフラボンに今さまざまな効果が注目されています。
女性ホルモンの分泌が少ない場合、カルシウムの摂取を行っても骨の中からカルシウムが溶け出していくことがあります。
イソフラボンの摂取によってカルシウムを防ぐ役割や骨密度を保つことが可能です。
女性ホルモン(エストロゲン)の激減を緩和することによって、女性ホルモン(エストロゲン)の不足による骨粗鬆症を防ぐことも可能です。
女性ホルモン(エストロゲン)の不足は更年期障害(のぼせやほてり、冷え性、発汗、憂鬱感、焦燥感、肩こりや腰痛、不眠、耳鳴り、判断力や記憶力の低下など)の引き金にもなる為、有効的な効果を期待できることでしょう。
女性ホルモン(エストロゲン)を補うことに加えて、女性ホルモン(エストロゲン)の過剰分泌を抑える働きを持っていると言われている為、女性ホルモン(エストロゲン)の過剰が原因の乳がんや前立腺がん、子宮がんなどの予防に役立つ可能性があります。
がんに対する抗酸化作用や阻害活性などにおいて、白血病や大腸がんや胃がん、肝臓がんや大腸がんなどの、さまざまながん予防にも有効的であると期待されているのです。


女性ホルモン(エストロゲン)とイソフラボンは分子構造が似ている為、同じ様な効果が期待できると言われています。
女性ホルモン(エストロゲン)は保湿性の向上や美白作用などの肌に対する美容効果や、バストアップ、生理不順を改善する効果などが期待されています。
イソフラボンの必要な摂取量の目安が公表されているので参考にしては如何でしょうか。
ちなみに多量摂取した場合は自然と体外に排出されます。
イソフラボンは比較的ゆっくりとした弱い働きによる効果が期待されています。
自然界に存在している成分である為、安心な成分といえるのではないでしょうか。
更年期障害の治療薬としても利用されています。
基本的には特に問題が生じることは無いと考えられますが、持病を持っている方や投薬中の方は念のため医療機関に相談を行ってみても良いでしょう。
適切な量を継続的に摂取することがポイントです。
健康と美容のためには長期的に摂取することが望ましい為、普段の食生活での摂取や、サプリメントによる摂取など自分に適している摂取方法http://tokoharu.lomo.jp/2.htmlを考えてみては如何でしょうか。
この機会に食生活やライフスタイルを見直してみることによって、身体の健康を長い間手に入れることができるかもしれません。