MainIMG イソフラボン

男性ホルモン過剰の薄毛にはイソフラボンでの発毛の可能性大

男性ホルモン過剰の薄毛にはイソフラボンでの発毛の可能性大

女性と比較すると男性の薄毛発生の率は高いものですが、それは男性ホルモンの一種であるデビドロテストステロンの影響による場合が多いという事が分かっています。
デビドロテストステロンの分泌量が多い為に、年齢に関係なく男性の薄毛が起こる事をAGAと呼んでおり、これは遺伝性の強いことでも知られています。
まだ10代や20代前半だと言うのに薄毛に悩んでいるような男性の場合には、その殆どが家系の中に薄毛の人がいる事が多いとも言われています。
AGAの症状を軽減させて、発毛させるには、AGAを専門としている医師のもとで治療を受けられるのが最も効果的なものですが、専門医が行うAGAの治療の中には、デビドロテストステロンの分泌を抑える薬品を含む育毛剤での治療を始め、薄毛を起こしがちな生活習慣の見直しや、食による栄養のバランスなどを含めたトータル的な治療方法がとられるもので、いかに生活習慣や食事の栄養バランスが、薄毛の予防や改善に関わりが深いものであるのかと言う事が理解出来るものです。
薬だけで行われる治療に比べて、治療効果が極めて得られ易いことでも知られています。
発毛を起こせる頭皮環境を整える為には、体の中へ発毛につながり易い栄養素を与える事が重要です。


デビドロテストステロンの分泌を抑制させられるのは、女性ホルモンのエストロゲンと言う成分だという事が研究の結果知られていますが、女性ホルモンのエストロゲンを取り入れるというのは難しい事でも有ります。
その為にエストロゲンの働きを代わりに行える物が必要となります。
エストロゲンと分子構造が類似しており、体に対する働きかけもほとんど同じなのが、大豆などの豆に含まれているイソフラボンと言う物です。
イソフラボンは、大豆の胚芽の部分に多く含まれており、フラボノイドの一種です。
イソフラボンを食事やサプリメントなどの使用により体内に与える事で、過剰になっている男性ホルモンを抑制させる事が出来ます。
勿論薄毛は男性ホルモンであるデビドロテストステロンの過剰分泌だけが原因で起こるものではなく、仕事や対人関係などで引き起こされるストレスや不眠、偏りのある食習慣でも症状を悪化させやすいものです。
薄毛や抜け毛が起こっている頭皮はそれらの要因により血行が悪くなりがちです。
頭皮に栄養を与える毛細血管の働きも弱くなります。
その為に発毛が繰り返されるはずの毛乳頭では細胞分裂が進ま無い事も、薄毛や抜け毛の原因となっています。
髪の毛のトラブルを回避する為にはイソフラボンを始めとするバランスの取れた栄養素を補う事が不可欠です。