MainIMG イソフラボン

女性ホルモンの不足をカバーするイソフラボン

女性ホルモンの不足をカバーするイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするということで、近年特に注目を浴びている成分です。
大豆の胚芽に多く含まれる物質で、フラボノイドの一種になります。
ダイゼインやゲニステインなどの大豆イソフラボンがあります。
骨粗鬆症や更年期障害、乳がんなど女性に多い疾患に有効だとされており、アメリカの癌研究所でも研究をしています。
日本では古くから大豆をいろいろな形で食べる習慣がりますが、日本人の長寿の秘密の一つに関わっているとする研究もあります。
最近はいろいろな食品やサプリメントに大豆を利用した商品が発売されています。
骨粗鬆症や更年期障害、乳がん以外にも様々な病気や症状に効果があり、健康効果や美容効果も期待できることから、注目を浴びています。
のぼせやほてり、憂鬱感や不眠、様々な症状が出る更年期障害にも効果的で、女性ホルモンの不足が原因となる更年期障害に有効だとされています。
カルシウムを摂取しても、女性ホルモンの分泌が少なくなると、骨の中のカルシウムが溶けだし、骨の密度が下がってくることが知られています。
この症状を改善してくれる効果があり、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ骨の密度を保ってくれます。
しかし、いくら身体に良いからと言ってイソフラボンの摂りすぎはよくないので気をつけましょう。


更年期障害や骨粗鬆症は女性ホルモンが不足などが原因で起こりますが、女性ホルモンが過剰になっても体によくありません。
イソフラボンは女性ホルモンの不足を補うと同時に、女性ホルモンが過剰に分泌してしまうことを抑える働きもあり、女性ホルモンの過剰で起こってしまう乳がんなどの予防に効果があるとされています。
乳がん以外にも、前立腺がんや子宮がんなどに対しても同様の効果があるとされており、女性に起こりやすい病気や症状の緩和や予防に効果があります。
その他にも、抗酸化作用などもあり、様々な有効性が確認されています。
血液中のコレステロールのバランスの改善を行い、善玉コレステロールを増やし、悪玉を抑えてくれるという働きもあります。
女性にとって嬉しい効果として、美容に良いということが挙げられます。
女性らしい体を作るエストロゲンと同じような働きをすることから、美白や保湿などの肌の美容効果が期待出来ます。
バストアップなどの効果も期待でき、女性にとっては嬉しい効能です。
また、ムダ毛を抑制してくれる効果もあるそうなので体内からはもちろん、
体外にもイソフラボン配合の化粧水などで保湿してあげると効果があるようです。
イソフラボンは大豆製品などからとることができます。
サプリメントでも有効成分として含まれているものが増えてきているので、手軽に試してみることができます。
しかし、イソフラボンを過剰摂取してしまうと乳がんのリスクを高めるなどの可能性がありますので気をつけてください。