MainIMG イソフラボン

健康的な生活を支える栄養素である大豆イソフラボン

健康的な生活を支える栄養素である大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは主に大豆の胚芽に含まれるフラボノイドの一種で、ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインなどの総称です。
植物性エストロゲンとも呼ばれます。
エストロゲンと言えばいわゆる女性ホルモンとも呼ばれるホルモンの一種で、特に女性の身体と非常に深い関わりを持っているホルモンです。
そんなエストロゲンに似た働きをするイソフラボンがもたらす様々な効果はこちらを参考にしてください。
女性の場合、思春期になると、乳腺を発達させてバストを大きくし、骨盤を発達させ、皮下脂肪を胸部や下腹部、大腿部などにため込ませる事によって、いわゆる第二次性徴をもたらして女性らしい身体を形成します。
エストロゲンは月経周期に応じて濃度が変化し、その分泌量は更年期以降に大きく減少していきます。
動悸や腰痛、めまいなどを伴う更年期障害は、このエストロゲンの分泌量の減少が大きく影響しています。
またエストロゲンには骨芽細胞の活動を高める作用があるため、その分泌量の現象は骨粗しょう症を引き起こす原因にもなっています。
閉経後の女性が骨粗しょう症になりやすいのはこのような理由があるのです。
植物性エストロゲンと呼ばれる成分は、このエストロゲンと似たような作用を持っています。
そのため健康効果を期待されて注目が集まるようになりました。
また、妊娠中・授乳中のイソフラボン摂取は大丈夫なのか、気になるところですね。


健康な身体作りを支える栄養素として注目の集まった大豆イソフラボンですが、現在ではサプリメントとして様々な商品が販売されています。
エストロゲンは20代をピークにして30代から減少を始め、40代から50代ではその減少に拍車がかかるので、その減少を補う形で意識して摂取する必要があるのです。
健康ブームをきっかけにしてこのような知識を得た人たちが服用して健康の維持に努めているのでしょう。
食品安全委員会は「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」において、安全な1日の摂取目安量の上限を70~75mgとしています。
またサプリメントのような特定保健用食品としての大豆イソフラボンの安全な1日上乗せ摂取量の上限を30mgとしています。
日本人は長年に渡って大豆関連の食品から摂取していますが、その摂取量から明らかな健康被害は報告されていないので、通常の食生活をしている限りにおいては安全であると考えられています。
その上で健康を維持するために不足している量を効率的に摂取できるのがサプリメントなのです。
更年期障害や骨粗しょう症で苦しむ人が多い時代ですが、うまく栄養素を取り入れて、健康的な生活を送りたいものです。
また、バストアップ効果が期待できたり、イソフラボン配合の化粧品を使うことで
抗酸化作用や美白効果なんかも期待できるもの
になっているそうです。
年齢を重ねた高齢者の脳の健康維持にはアラキドン酸サプリhttp://www.minimonos.com/sapurimennto.htmlがおすすめです。